後発医薬品

アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を悪くしたり突然変異をもたらす人体に対する有害物質を身体の中で無毒化し、肝臓の能力を強める動きが確認されています。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無効になった後に販売される、まったく同一の成分で負担分が少ない(薬の金額が廉価な)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。
アルコール、お薬、増粘剤を始めとした食品の添加物などの物質を分解し、無毒化する事を解毒と呼び、肝臓が果たす最も大切な職責の一つだということは間違いありません。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという性質があり、大気中に存在するオゾン層で一部分が吸収されるのですが、地表まで達したUV-Bは皮膚の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸を傷つけてしまうなど、皮膚にとって悪い影響を与えることになります。
ただの捻挫と勝手に自己判断して、冷湿布を貼って包帯やテーピングテープで一応固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置を施した後すかさず整形外科の医師に診てもらうことが、結局は根治への近道となるでしょう。
AEDというのは医療資格のない人でも取り扱える医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの手順に従って使うことで、心室細動に対しての緊急処置の効き目を発揮してくれます。
耳鳴りには種類があって、当事者しか聞こえないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように本人だけでなく他の人にも精度の高いマイクロホンを使用してみると感じるという部類の「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
30才から39才までの間に更年期になったとすれば、医学的な用語で表現するとPOF(Premature Ovarian Failure)という病気にあてはまります(日本では40才未満の女性が閉経する状態を「早発閉経(早期閉経)」と定義します)。
強い痛みを伴うヘルニアというのは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間に存在して緩衝材のような役目を果たしている椎間板(ツイカンバン)というやわらかい円形の線維軟骨が飛び出してしまった症例を表します。
下腹の激しい痛みが主訴となる代表的な病には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、卵管の疾患などの病名がみられるでしょう。
必要な栄養素を網羅した食生活や適切な運動は当然のことですが、健康増進やビューティーを目的とし、補助として様々なサプリメントを飲用する事が常識になりました。
今時の病院の手術室には、W.C.や器械室、手術準備室を設けさせ、オペ中に撮影するためのX線装置を設けるか、側にX線のための専門室を用意するのが常識である。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに平成24年9月1日から原則無料で受けることのできる定期接種として導入されるため、集団接種ではなく病院などで接種するというに変更されています。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が動かずにじっとしていても燃えてしまうエネルギーのことで、そのほとんどを体中の筋肉・最も大きな臓器である肝臓・大量の糖質を必要とする脳が消費しているということはまだ広くは知られていません。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、手や脚が何も感じなくなったり下肢の浮腫みなどがよく見られ、進行してしまうと、あろうことか呼吸困難に至る心不全も併発する可能性があるということです。