肝機能

下腹部の激しい痛みがみられる疾患には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、卵巣の病気など、様々な部位の病気が挙げられるでしょう。
インキンタムシ(陰金田虫)は20代〜30代の比較的若い男の人に多く、ほとんどの場合は股間部にのみ拡大し、軽く運動したり、お風呂から上がった後など全身が温まった時に猛烈な痒みを起こします。
アミノ酸のひとつであるグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を鈍くしたり突然変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の内部で解毒し、肝機能をより強化する能力が明らかになっているのです。
一見すると「ストレス」は、「溜めてはいけない」「除外すべき」ものと思いがちですが、実際は、私達は様々な種類のストレスを経験しているからこそ、活動していくことが可能になっています。
日々の折り目正しい暮らしの継続、腹八分目の徹底、無理のないスポーツや体操など、一見古典的ともいえる自分の健康への考え方が老化防止にも関わっているのです。
老化が原因の難聴では毎日少しずつ聴力が落ちていきますが、大体は還暦過ぎくらいまでは聞こえの悪化をしっかりとは把握できないものです。
食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、毒力が極めて強烈な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)に分けられます。
下が90以上の高血圧が長期間続くと、血管に強い負担がかかった挙句、全身至る所の色々な場所の血管に障害が起こって、合併症を発症してしまう公算が高まるのです。
学校など大勢での団体行動において、花粉症が要因でクラスの皆と一緒に楽しく動けないのは、当事者にとっても寂しい事でしょう。
結核への対策は、長年、1951年に生まれた「結核予防法」に従って実施されてきましたが、半世紀が経過した2007年からは違う感染症と一括りにして「感染症新法」という法律に従って行われることが決定しました。
うつ病は副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、憂うつ感、不眠、倦怠感、疲労感、食欲の低下、焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図など様々な症状が現れるのです。
WHO(World Health Organization)は、UV-A波の異常な浴び過ぎが皮膚病を招く可能性が高いとして、18歳以下の男女がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを使用する行動の禁止を世界各国に求めている最中です。
環状紅斑は輪状、要は輪っかのようなまるい形状をした真っ赤な発疹や鱗屑など、皮ふの病気の総合的な病名であり、その理由は実にいろいろだといえるでしょう。
ハーバード医大(HMS)の研究によると、通常のコーヒーと比較して1日2カップ以上はカフェインレスのコーヒーを代用すれば、直腸癌の発症率を半分以上は減少させることができたらしい。
メタボリックであるとは断言されていなかったとしても、臓器に脂肪が多く付着する型のよくない肥満になる事で、あらゆる生活習慣病を招きやすくなります。