睡眠不足

真正細菌の一種である結核菌は、感染した人がゴホゴホと咳き込むことで外気に撒かれ、空中でフワフワ浮かんでいるのを今度は他の人が呼吸の際に吸い込むことによって次々に感染していきます。
スギ花粉症などの症状(鼻みず、鼻づまり、クシャミなど)のせいで夜しっかり眠れないと、それが因子になって慢性的な睡眠不足に陥り、次の日目覚めてからのすべての活動にダメージを与えるかもしれないのです。
不整脈の期外収縮は、特に病気ではなくても発生することがあるため珍しい病ではないにしても、発作が何度も相次いで出るケースは楽観視できないといえます。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、本人だけに感じられるのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように当事者に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンなどをあてると聞けるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が狭まって、血液の流れが途絶えて、大事な酸素や栄養が心筋まで届かず、ほとんどの筋繊維が壊滅状態になってしまう大変怖い病気です。
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科手術では現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「大動脈冠動脈バイパス移植術」の両者の技術がよく使われています。
汗疱(かんぽう)は掌や足裏、又は指の間などにブツブツの水疱が現れる症状で、大抵はあせもと呼び、足裏に現れると足水虫と早とちりされることがよくあるようです。
PC画面の光のチラつきを低減するレンズの付いた眼鏡が最も人気を集めている要因は、疲れ目の予防に大勢の方々が惹かれているからだと推測されます。
軽い捻挫だろうと自己判断してしまい、包帯やテーピングテープなどで患部を適当に固定し、様子を見るよりも、応急処置を済ませたらすぐに整形外科を訪れることが、快癒への近道となるでしょう。
「体脂肪率」というのは、人の体内の脂肪の占有している比率で、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪量(キログラム)÷体重(weight、キロ)×100」という式で調べられます。
高齢化が原因の耳の聞こえにくさは段々聴力が低下していきますが、通常60歳過ぎまでは聴力の衰えを確信を持って自覚できないものです。
男性だけにある前立腺はその生育や働きにアンドロゲン、すなわち男性ホルモンがとても密接に関係していますが、前立腺に現れてしまったガンも同じように、雄性ホルモン(男性ホルモン)によって肥大化してしまうのです。
ばい菌やウィルスなど病気を生み出す病原微生物が肺の中に忍び入り罹患してしまい、肺の内側が炎症反応を起こしたことを「肺炎」と診断しています。
お酒に含まれるアルコールを分解する働きのあるナイアシンは、宿酔に効果的な成分です。ゆううつな二日酔いの因子とされているエチルアルデヒドという化学物質の無毒化にも関係しています。
メタボリック症候群であるとは言われていなかったとしても、臓器に脂肪が多く付着してしまうような体重過多になってしまうことによって、深刻な生活習慣病を招きやすくなります。