一体何を考えているのであろうか

「被災された方のため」と言っても、余りにも軽薄でうわ滑った印象しか受けません。
長文で申し訳ありませんが、小沢氏の言動は知れば知るほどに、

こんな政治家にくっついて行こうとしている国会議員は一体何を考えているのであろうか、と感じた次第です。 昨晩の朝生を見て、色々と疑問を覚えました。
民主党小沢派の森ゆうこ議員は、自著の『検察の罠』に準えて「消費税を上げないと国家財政が破綻するなどというのは『財務省の罠』である」と主張していました。
然し、一時は副大臣まで務めた与党の幹部国会議員であるならば、他人事のように「官僚の罠」などと言うのではなく、何故破綻しないのか、一方で確実に増え続けていく社会保障費に向けて何をしていくのか、財務省への反論をもっと具体的に説明する義務があります。
「消費税を上げること自体に反対しているのではない。タイミングの問題。」と言うのであれば、どういうタイミングであれば上げるのか、それは何時か、それまで日本国家財政は問題ないとどう立証し、且つそれを諸外国にどう説明するのか、をきちんと述べてこその国会議員です。