子供の後ろ

難読でもキラキラネームのような忌避感は感じない名前もあるし、 ひらがなのキラキラネームでもまだ否定したい気持ちが沸き起こる。

さて何でだろうか。何がイラっと来るのか。とりあえずいくつか自問自答してみた。 その子供の後ろには、異質な価値観を持った親がいる可能性が高い、という事になる。
という事はその子供も同じように異質な価値観を受け継いでい るかもしれないし、闇金相談 松江何かあればその異質な親が出てくるかもしれない。異質という事は危険という側面を持つ。遠ざけておきたいという本能が働く。 この子は特別なんです感を押し付けられてる感じが億劫なのではなかろうか。
「年賀状に子供の写真」でも似たような話があったと思うが、あなたの その価値観を、初対面でいきなりこちらにも当然の如く押し付けられてるような感覚がイラっと来る、ような気がする。
他人にとって名前の主用途は識別であっ て、賞賛や共感やエピソードのさわりではないのだ。 そういう名前が増えると、自分の属する「いわゆる普通の名前」が、時代遅れ扱いされる、すなわち価値が毀損される可能性に対する警戒感、がある 気がする。