コロコロ変える

何だか、事前アンケートでは仲井真前沖縄県知事は押されてたそうじゃあないですか。
そのアンケート結果になってしまったという事でしょう。  

で、今回の沖縄県知事選挙ですが、私には敗因が辺野古容認による批判の結果とは思えないんですよね。主たる敗因の一つであるのは間違いではない でしょうが、それよりも沖縄県民は政権与党によって意見をコロコロ変える風見鳥のような仲井真前知事に呆れてしまったのではないかなと思います。  
仲井真前知事は民主党が政権与党の時に既に日本・アメリカ合衆国・浮気調査 島根地元で合意されていた辺野古移設を鳩山由紀夫内閣総理大臣(2009年当時) の中身のない県外移設を盲信(よく言えば騙された)し、県外以外は認めないと主張していたのにも関わらず自民党が政権与党に戻ってしばらくしたら移設を容 認する方向になりました。
これは県民からすればしっかりした一本の譲らない芯が見えません。それに加えて辺野古移設という県民からしたら納得出来ない決定 そのものがありましたからね。